すると、 右下に「12330」と検索クエリの総数が表示 されてることが確認でき、一つの目安として活用できます。 この機能を活用するには、以下関連記事で紹介するGoogleアナリティクスとサーチコンソールを連携させる設定が必要となります。 サーチコンソールでデータを検証するには、 少なくとも10記事くらい はほしいなぁと思います。 条件3)サイトをSearch Consoleに登録してある程度日数が経っていること.

Googleのサーチコンソール(Search Console)というツールがあります。これを設定するとGoogleからあなたのサイトがどのように見られているのかを教えてくれます。下記はサーチコンソールの主な調べることができる項目になっています。 サーチコンソールの「手動による対策」ではペナルティに該当するページと内容を把握することができます。 もしも、サイトのページが急に表示されなくなったり、掲載順位が落ちたりした場合はペナルティを受けていることも考えられるので、確認してみてください。

実はサーチコンソールって結構データの反映が遅いです。 サーチコンソールの登録を5分で完了するためには、まずグーグルアナリティクスの設定が必要です。 まだアナリティクスへの登録が完了していない方は「 グーグルアナリティクスの導入・初期設定方法を解説 」の記事を参考にして、サーチコンソールの登録前に設定をして下さい。