1、デスクトップ左下のスタートボタンを右クリックしファイル名を指定して実行を選択。 1,2 guiで操作. 検証用に簡単なタスクを準備。 1.1 コマンドで操作. Windows10のコマンドでタスクスケジューラーを起動する方法. このページでは Windows タスクスケジューラのコマンドである schtasks に関して説明します。 一覧を簡易表示する タスクスケジューラ一覧を簡易表示します。"タスク名","次回の実行時刻","状態"を表示し … 1.

Schtasks.exe コマンド ライン ツールによるタスクの無効化、有効化の処理では、指定するタスク名の大文字、小文字をタスク スケジューラのタスク名の大文字、小文字と一致させます。 以下例のように指定します。(事象が発生しない例) タスクのプロパティ例: タスク スケジューラが開いていない場合、起動します。詳細については、「タスク スケジューラを起動する」を参照してください。 コンソール ツリーで、無効にするタスクがあるタスク フォルダーを探してクリックします。

(1)履歴は「タスクスケジューラ ライブラリ」をクリックして表示される画面中央下エリアにある「履歴」タブから確認できます。デフォルトでは「無効」に設定されていますので、タブの名称も「履歴(無効)」になっています。 タスクの無効化方法. ①タスクを選択し、右クリック。 ②プロパティを押下。 ③一番下の「実行する」のチェックを外す。 ④「ok」を押下して終了する。 2.