作成したタスク(Skypeの起動(リモート接続))を右クリックし、削除 3. もし、タスクスケジューラにた~くさん登録されたタスク群を他サーバに移行しなければならなくなったら・・・。 もう地獄ですし、もう考えたくはないですよね~。 新旧のタスクスケジューラ見比べながらguiでポチポチ登録、でも良いんですけどね~。 「タスクスケジューラ」画面に戻ります。「コンソールウィンドウ」にインポートしたタスクが追加されていることを確認してください。 (図9) タスクをインポートする作業は以上です。 タスクの名前を自由につけることができます。自分で作ったタスクなどで「これ、何をするタスクをだったっけ?」とならないように、名前を付けておきます。 「場所」と「作成者」は変更出来ないので割愛。(タスクの保存先のパスとユーザー名です。 タスクの xml は タスク スケジューラ スキーマ (英語の可能性あり) によって定義されます。タスクを表現する xml の例を確認するには、タスクをエクスポートし、保存した xml ファイルを表示します。 Windowsのタスクスケジューラでタスクが動かない!そんなときに確認したい項目6選! 手動でタスクスケジューラのタスクを移行するのは設定を間違える可能性が高い上に面倒。 なので、エクスポート/インポートでサクッと移行しましょう。 作成したタスク(Skypeの起動(リモート接続))を右クリックし、エクスポートし、任意の場所へ格納 N:\Documents\official\PC設定\タスクスケジューラ Skypeの起動.xml 2. テストのためにエクスポートでできたxmlファイルをインポートしてみたところ、画像のエラーが出ました。 何かおかしいのでしょうか? 同じ場所にタスクを作成することはできます。 「タスクスケジューラサービスが利用できません。 [コンピュータの管理]⇒[タスクスケジューラ]⇒[タスクスケジューラ ライブラリ]⇒[タスクの作成]⇒[全般タブ]⇒[構成]について、 以下のOSが選択可能でした。 ・Windows Server 2003 , Windows XP , Windows 2000 ・Windows Vista , Windows Server 2008 ・Windows 7 , Windows Servver 2008 R2