エンジンを停止すると2度と掛からないので、そのままバッテリー交換に行こう。 インパネのランプが点きホーンも元気に鳴るのに、セルモーターはピクリともしないケースや、逆にセルは元気良く回るのに始動しないような時は本格的なトラブル。 エンジンンに原因がある場合、素人では解決するのは難しいと言えます。 そのため この場合はバイク専門店に持って行って修理 をお願いするべきです。 まとめ. ヒューズが切れたため、エンジンがかからない場合もあります。 そのため、エンジンがかからない原因がバッテリーの故障と考えてバッテリーを交換しても、すぐにバッテリー上がりを起こしてエンジンがかからなくなります。 オルタネーターが故障したら、新しいオルタネーターに交換することになります。 車のエンジンがかからない場合、バッテリーが原因の場合は多いのですが、もしバッテリー以外に原因があるとしたら他になにがあるのでしょうか?この記事ではバッテリー以外に考えられる5つの原因と対処方法をお伝えします。 こんにちわ!! 花岡店 整備士の梅田です(*´ω`*) 今回はSAIのエンジンがかからない!!!という不具合です。 バッテリーテスターで調べたところバッテリー劣化による不具合でした。 バッテリー交換の際、珍しい所にバッテリーが取り付いていたので紹介をします。 エンジンがかからない場合は紹介した5つの原因に当てはまることが多いです。 冒頭で、「バッテリーを交換したばかりなのに、エンジンがかからなくなってしまった・・」というケースに触れましたが、バッテリー以外でエンジンがかからない原因としては、このオルタネーターの故障がよくあるケースの一つです。 バッテリー交換の目安は、車の使用頻度にもよりますが約3~5年が目安となります。 車のエンジンがかからない原因2.ヒューズの断線.