上司のパワハラは受ける人の態度によってされやすい人とされにくい人がいます。上司からパワハラされやすい人の具体的な特徴と具体的な仕返し方法を解説しています。
賃金、給料は最重要の労働条件であるため、一方的な減額が認められるのは、法的な合理性が認められる場合のみです。特に就労実態が変わらない場合には、懲戒処分による減給以外にはまずあり得ません。その懲戒処分による減給についても、法的な制約が二つあります。 「パワハラなんて、自分には関係ない」…そんな風に思っていませんか?しかし、誰もがパワハラの被害者・加害者になる可能性があります。悲しむ人を1人でも減らすために、パワハラについての正しい知識を身につけましょう。 近年は、どんな企業でもパワハラが問題視されるようになりました。具体的な事例を知らなければ、自分の発言や行動がパワハラと捉えられる可能性もあります。ここでは、パワハラになる発言事例や体験談を紹介しながら、どのように部下や後輩と接すれば良いのかを詳しく解説します。