ヨーグルトメーカーでおいしい鶏ハムを作る方法. 低温調理にも使えるVitantonioのヨーグルトメーカー(VYG-11)でつくる、しっとり柔らかな食感が魅力の鶏ハム。割いてサラダのトッピングにも。温度:63℃目安時間:3時間※分量、調理時間は実際にご使用になられる食材や調理機器に合わせて調節してください。 ヨーグルトメーカーをリプレースしたら温度と加熱時間を設定できるようになった。 このヨーグルトメーカーなら簡単に自家製の鶏ハムが作れると聞き、早速試してみたところ確かに簡単な上に、実に美味しい鶏ハムが出来る。 ワタシも鶏ハムなどよく作りました。 しかし、炊飯器の保温はいかんせん温度が高い(70℃くらい)! 後述しますが、お肉をやわらかくするのに70℃はちょっと熱すぎるんです。 対してヨーグルトメーカーはもっと細かく調整ができます。 最近はやりの牛乳パックでそのままヨーグルトが作れる製品で、更に温度設定が25 ~70 まで1 刻みで設定できるという優れものです。65 ~70 を使えばローストビーフやチャーシュー、鶏ハムやコンフィも … 公開日 2018年02月02日 9:45| 最終更新日 2018年02月02日 11:15 ヨーグルトメーカーを使ったローストビーフの作り方を写真付きで詳しく説明。アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーで低音調理。ローストビーフを作りました。美味しい和風ソースの作り方も ヨーグルトメーカーでは小数点以下の温度設定ができない、1時間単位の時間設定しかできないなど、若干の不便さはありますが、スマフォのタイマーなどを使って機能を補ってあげることで、十分低温調理を楽しむことができると思います。 3.ヨーグルトメーカーで鶏ハム 最後は細かい温度設定ができるヨーグルトメーカーをお持ちならぜひ試してみて欲しいレシピ。少々時間はかかりますが、鶏むね肉のポテンシャルを最大まで引き出せます。 鶏ハムはぱさぱさ?大丈夫。ヨーグルトを使えば乳酸が肉を柔らかくし、臭みも取ってくれるんです。 通常は行程3で水に浸して塩抜きをしますが、このレシピでは不要。塩抜きに失敗して塩辛くなってしまったり、旨味まで失ったりする心配もありませんよ。

「ヨーグルトメーカーを活用する!」――ということで、今回は鶏ハムを作ってみることにしました。低温調理をすると、鶏むね肉がパサパサにならずジューシーに仕上がるそうです。その話を聞いて、シャトルシェフを使って作ったことがあります。 ヨーグルトメーカーで使えるレシピサイト集 ヨーグルトメーカーを販売しているメーカーのサイトには、基本的なレシピの他に少し変わったアレンジレシピがたくさん紹介されています。ヨーグルト作りに慣れてきたらアレンジレシピにも挑戦してみましょう。