専業主婦の離婚と国民年金の支払い . 夫の定年後は、妻は年金の第3号被保険者ではなくなるため、年金保険料の支払いや生活資金など一層夫婦の力を合わせることが重要になってきます。そこで、妻の年金内容を確認しておきましょう。専業主婦の年金は満額で年77万9300円定年後の資金計画を立 結婚を機に、会社を辞めて専業主婦になる場合、その後、年金の支払いはどうしたら良いかご存じでしょうか。 これまでは、会社の厚生年金に加入していましたが、仕事を辞めてしまったら、厚生年金から外れなくてはなりません。 では、これからはどうなるのでしょう。 夫の定年退職後、専業主婦の私の年金はどうしたら良いのでしょうか? 。2019/12/28 更新 相談者date アサミさん 【年齢】54歳 【職業】専業主婦 【性別】女性 【家族】夫64歳・子供・長男33歳(結婚して独立)・長女30歳(同居)・次女28歳(今年結婚予定)・次男22歳(会社の寮) 相談しよう … 国民年金保険料は特に国が半額負担してくれるわけではないので、国民年金加入している人からするとちょっと納得いきませんよね・・。 で、肝心の保険料の金額ですが、4月~6月の給料の平均額が30万円だった場合、収入の9.091%である 27,273円 を月々の保険料として納付することになります。

専業主婦は離婚すればその後は国民年金の第1号被保険者となり、自分で毎月保険料を納付していかないといけません。 無職の期間は国民年金の免除申請ができることも多い; 離婚後に就職すればその後は会社で厚生年金に加入できる .