建設業の労災の仕組み ... 尚、元請会社が加入する労災保険は、その現場に関わる各会社の労働者の業務上、通勤途上の災害について給付を行うものであり、事業主や役員、一人親方等は、労働者ではないために元請会社の労災保険では補償されません。 災害]、[通勤災害]ともに、本来の仕事や本来の通勤経路からはずれたときに起きた事故に ついては、労災保険の対象となりません。 労災保険の対象・・・『どこで?』 【建設業以外の労災】 [業務災害]…事業所内外を問いません。 建設業においては、元請会社が下請会社や孫請会社にいくら人件費を払ったか 正確に調べるのはとても手間がかかります。大きな工事になればなるほど いろいろな会社が入ってくるので 一社一社の賃金台帳を見せてもらうのは難しいからです。
建設業は、元請け業者、1次下請け業者から孫請け業者まで、いくつもの段階で請負関係があります。 この場合、その現場や通勤中などで下請け業者がケガなどを負ったときは、元請け業者の労災保険を適用することになります。

建設事業を営む会社の中には、うちの会社は「元請工事がないので工事現場の労災保険に加入していない」という会話を耳に挟むことがあります。確かに、下請工事ばかりですと工事現場で被災した場合は「元請の労災保険」を使えばよいと思います。しかし、通勤災害は少し複雑になります。

建設 業界にも今後はictやiotが 導入されることになる? 2017年5月11日 高学歴の経営者が成功を収めるには苦労することになる? 2019年7月31日 工事を発注・受注する時に参考にしたい建設物価調査会が刊行する書籍とは? 2017年9月25日 下請会社の社員が被災した場合の元請会社の責任の事例についてお分かりいただけましたでしょうか。 当事務所へご相談にお越しいただけましたら、過去の事例などを踏まえ、ご相談の事案に応じ、さらに詳しくご説明いたします。 建設業労災手続きの方法と労災保険の必要性について解説 業務労災と通勤労災 建設業労災保険は国の保険ですが建設業の事業主は加入する事が義務付けられています。 建設業の現場労災について記載します。元請工事の事業所が下請、孫請の労働者の事業主として証明します。下請、孫請の事業主は労災の特別加入をして下さい。

建設現場は、多くの重機を使用して、元請、下請及び孫請などの複数の労働者が混在して同時に作業を行うことから、労働災害がよく発生します。 二元適用事業とは都道府県及び市区町村が行う事業であったり、建設の事業であったりと、その事業の実態から労災保険の保険関係と雇用保険の保険関係を区別する必要があるために両保険の保険関係を別個に取り扱い、保険料の申告納付をそれぞれ別に行う事業が該当します。 建設業労災保険の適用については一般企業における労災とは違い、法律上「元請」が「下請」の労災事故に関する責任を負うことになっています。従って、工事現場で下請業者に労災事故が発生した場合は、元請の労災保険を使って該当する保険の給付を受けることになります。 A社が元請けでB社が下請け、B社アルバイトが労災を発生させてしまいました。労働基準監督署に災害発生報告(届け)をしなければいけないのはどちら?いつまでに報告(届け)しなければいけないの?労災保険を適用するのはどちら?出来 建設現場の災害と元請の責任について.
元請から引き受けた仕事を終えた後に、直行で自宅まで帰宅する途中で交通事故に合いました。最初から相手側が対応してもらえれば、労災は使わなくてもいいかなと思いましたが相手が非を認めないので、相手の保険... - 事故 締切済 | 教えて!goo