近年では世界的に国産紅茶の評価が高まったことによって徐々にブームとなっている国産紅茶(和紅茶)。あまり馴染みがないと思う人もいるかもしれませんが、日本は昔、盛んに紅茶栽培をしていた歴史もあります。ここではそんな日本が誇る国産紅茶おすすめランキングを紹介していきます。 リプトンの紅茶製造のため、1961年に日本で最初に「コンスタンタマシン」を導入したのが神戸紅茶であった。それまでは、一つひとつ手作業でティーバッグを作っていたが、コンスタンタマシンの導入で1分間に150袋を生産することができ、飛躍的に効率が上がったという。 タピオカティーの発祥には二つの説がある。一つ目は1983年に台湾・台中市の喫茶店、春水堂 のオーナーである劉漢介が「清涼飲料水に対抗できるような中国茶」として誕生させたという説。 二つ目は台南市の喫茶店、翰林茶館のオーナー涂宗和が由来であるという説である 。