庭の水はけが悪いと気になるときは、暗渠管(あんきょうかん)で地下に水を流す方法が一般的です。 でも工事は費用がかかるし、今植えている木や花をどうしようかと悩みますよね。 そのような方は、土壌改良剤を使うことで、庭の水はけが良くなることをご存知でしょうか?

粘土質の土を改良するための取り組み 生の落ち葉を敷きつめて、上から土を乗せる 私がこの休耕田を借りることになって、最初に行った取り組みです。2012年春から耕作している区画(d区画)以外は全て、最初にこの取り組みをしました。 取り組んだ方法 粘土質の土に砂を混ぜると、逆にコンクリートのように固くなってしまうんだそうです。 改善策としては、 ①堆肥を混ぜる、②緑肥作物を作ってすき込む、③土壌改良材をまぜる 、のが良いんだとか。 ①は私は主に牛フンを使ってます。

先日、畑に詳しい親戚の人とトマトの話をしていたのですが、「ちゃんと米ぬかまいてる?」と言われました。わたしが「直接まくんですか?」と言ったら、「そりゃあそうだよ」と言って笑ったのです。でも、わたしはこんなふうに思っていま dash村の畑のようなすぐ下に粘土質の土の層がある場合、表層の軟らかい土壌を厚く確保できるため、土壌硬度の面 で植物根の発育に良好である。 以上の理由から単位体積の土壌中に占める空気容積割合が多く、また通 気性も良好となる。 コイン精米所などで無料で手に入ることがある「米ぬか」は、栄養たっぷりで肥料として使うことができます。しかし、生の米ぬかを安易に畑に撒くとデメリットが大きいという事をご存知ですか?この記事では、米ぬかを肥料として使うときのコツと注意点について解説します。

念願のマイホームを購入すると、家庭菜園やガーデニングをしたいという方がほとんどだと思います。でも土壌が粘土質の場合では、雨が降るとヌルヌル、乾くとカチカチになるのには、まいってしまいますね。そのような粘土質の土壌を、自分好みの庭に改良してみませんか。