スパークプラグと言えばngkも有名ですが、ngkのhpでも車のイリジュウムプラグの交換目安は10万kmです。 ただし、プリウスの取扱説明書によると交換時期は20万kmと記載されています。 プラグを交換してもなんら変わらないと思います。 4年落ちで45000キロ程度でしたら極々一般的な走行距離ですし プラグ交換の必要はない(=効果は感じられない)でしょう。 それにしても16000円は高い … ガソリン車に絶対に必要なパーツ!スパークプラグのいろは. 純正のイリジウムプラグを6万kmで交換してみましたが、効果が感じられません。まだまだ、使用できると思いました。整備書では10万km交換となっています。皆さんは、どの程度で交換されていますか。外したプラグは手元にあるので、将来、再使用しても問題ありませんか。

長い間スパークプラグを交換しないと・・・ 長期間、スパークプラグを交換しないと、車に様々な悪影響を及ぼします。 定期的にスパークプラグを交換することで、次のような内容のトラブルを回避する効果があります。 エンジン出力低下 かつてはDIYでプラグ交換や点検をしていたが、現在のクルマはメーカー指定の交換サイクルが10万kmとか20万kmになっている。果たして、それは本当に信じて大丈夫なのか? じつはイリジウムや白金といった高性能プラグが、一般化したことが交換サイクルを延ばす原因となっている。

最近車やバイクの調子が悪いと感じたら、それはスパークプラグが原因かもしれません。スパークプラグは最近ではイリジウム製となり、交換サイクルが長くなっています。しかし以外にもそこには盲点もあるのです。スパークプラグの交換時期に費用、交換の仕方をご紹介します。 近年、環境に配慮されたクリーンエネルギーを使った自動車が多くなってきていますが、昔からのガソリン車、ディーゼル車は変わらず沢山 … 今では少なくなったプラグコードですが、旧車にはまだまだ付いているプラグコード。プラグコードって何?交換するものなの?そんな疑問に答えます!今回はプラグコードの交換についてのアレコレを調べたので旧車乗りのかたは是非読んで下さい☆


スパークプラグは車が走行するために重要な部品です。 交換の目安は、プラグの種類によって異なるので、車検や点検時に聞いておくといいですよ。 交換費用は、工賃含めて5,000円~2万円です。