ファイル、ディレクトリのパーミッションを変更するときに使うコマンドです。 change modeの略です。 wordpress等のインストールの際などに、このディレクトリを「755」「707」等に変更します等の説明があったりします。 「rename(ren)」コマンドの第1引数には通常どおり変更前のファイル名を書きます。続いて、変更後の第2引数には拡張子を除いたファイル名部分をワイルドカード「*」にして、そのあとに「. ネットワークアダプター(NIC)には出荷時にMACアドレスという固有の番号が割り当てられます。 通常はMACアドレスを変更する機会はあまりありませんが、WindowsではNICのMACアドレスをドライバ設定やレジストリから変更することが可能です。 例:"apple"で始まり".txt"で終わるファイル名の探索もできる(Mac OS X 10.8.5 で確認)。 $ mdfind 'kMDItemDisplayName == "apple*.txt"' 例:内容もしくはファイル名に"日本"を文字列として含み、種類が"書類"もしくは"document"のファイルを探索 「ls」コマンドにはディレクトリ名やファイル名を表示すると共に、色々なオプションを追加することにより、表示内容を変更することができます。これにより該当ファイルのより詳細な情報を取得できます。 lsコマンドの入力例 [変更後の拡張子]」を記述します。 Macのファイル名変更がEnterキーでなければ、使い続けることで慣れることもあったかもしれないが、Enterキーはどうしても違和感を拭いきれなかった。 これからは、迷うことなくF2を使って、何の躊躇もなくファイル名を変更してやる。 フフフフフ。 Macを使っていて、「同じフォルダ内の複数ファイルの名前を一括で変更したい」と思うこと、ありませんか? 実はこれ、Mac標準の機能で簡単にできてしまうんです。 これ、特にブログを書いたり仕事の資料作りをする時などに重宝するので、今回はその方法を説明したいと思います。