こんにちは。英語でのメールのやり取りについての質問です。留学から帰国し、ホストファミリーと連絡をメールでやりとりしています。All the best というと、日本語で言えばごきげんよう!と、わたしの中でメールを終了するような言葉で 2.3 (with) kind regards 思いやりの敬意(を込めて) 2.4 (with) warm regards 暖かい敬意(をこめて) 2.5 (with) best regards 最上の敬意(をこめて) 2.6 All the best/Best wishes/Best (あなたの成功を願っている) 2.7 Many thanks/ Thank you (Thanks)/ Cheers Sincerely, / Best regards, / With best regards, / Thank you and best regards, / Kind regards, / With warm regards, / Warmest regards, / Thank you, 「同僚」などカジュアルなメールで使われる結びの言葉 Thank you, / Thank you in advance, / Regards, / Thanks, / Best, / Cheers (オーストラリア、英国等) 追伸を使わない文末表現の方がビジネスの場では一般的です。 例えば、「Sincerely」「Best regards」は日本語の「敬具」に当たる言葉なのでビジネスメールではもちろん、友人同士の手紙でも使われます。

日常的に使用されるメールの結び文例について紹介します。 代表的な結びのフレーズが、 RegardsKind Kind regards Best regards です。 これは友人に対してはあまり使い … 「② Best regards,」 最も多く使われている〆。僕はなぜ使わないかというと、どこかで「まだ実際会っていない人に対して使う」と読んだ影響です。それが本当かどうかは分かりませんが、この為、kind regardsを使っています。 「③ Very truly yours,」 ビジネスメールで使われる結び表現. Best regards の外に、単に Regards だけの場合や Kindest regards 等の表現が使われます。 "All the best regards" とは言わないですが、"All the best" とはよく言います。 とかいて、Best Regardsを省くのは良いのでしょうか? 何回かやり取りをしていて、毎回 Dear---Best Regards になるのがくどいように思えています。 Thanks だけを書くのはDearをつかわない、要点だけ書いた文章の場合の方が適切なのでしょうか? 2.また文末で