gimpを使って画像の特定の色を透明化する方法を紹介します。 とはいっても、自分がよく忘れるので備忘録のようなものです。 透明化する手順 1.透明化したい部分を特定の色で塗りつぶす。 今回は黒で塗 … この記事では、フリーソフトのgimpを使って手早く画像の背景に透過処理を行い、背景などを透明にする方法をお伝えしています。アフィリエイトで稼ぐためには、分かりやすく役に立つ記事が必要です。画像があると、ブログやレポートの記事がとてもわかり易 前回選択した色(背景等)と同じ色を透明にする方法をご紹介しましたが、 逆に選択した色と同じ系統の色だけ残して他の部分は消去したい場合の手順です。

gimpの「塗りつぶし」ツール()の使い方についてのメモ。「塗りつぶし」ツールとは?塗りつぶしツールは、「選択範囲」を(任意の色で)塗りつぶすことができるツールです。 塗りつぶしツールを使用して、選択範囲(円)を塗りつぶした例※「選択範囲」 GIMP 2.8 / impressjapan 「GIMPで特定の色を透明(透過)にする方法」は、やり方さえ知っていれば、アッという間の大したことない単純な方法なのだが、知らないと結構、悩むものです。というか、自分ではさっぱり思いつかないです。 そんな人の為にも、以下に記しておきます。 そんな時に役立つのがgimpの「スタンプツール」機能になります。 このスタンプツール機能を使用して、いらないのもを消す方法を紹介します。 ↓ 1.ツールボックスの [スタンプで描画] をクリックします。 2.周りにぼかしがあるブラシを選択します。 まずは黄色い部分だけを選択します。 「色域を選択」ツールをクリックし、黄色い部分をどこでもいいのでクリックします。 まだキチンと黄色い部分が選べていないと思います。 「しきい値」を調整して、再度黄色い部分をクリックします。 うまくいくまで繰り返します。 図16.190 「 特定の色 ... 各スライダーは色の濃度を示しています。 付属の数値記入欄や小さな上下矢印でも調節できます。 ここでの操作は直ちにプレビュー画面内と元色の見本ボタンに反映されます。 gimpの選択ツールの一つ、色域選択ツールの基本的な使い方をご紹介しています。色域選択ツールを使いこなせるようになれば、離れている場所の同じ色も簡単に選択できるようになります。 GIMPで調整した写真とPhotoshopで調整した写真の比較 Photoshopの場合、カラーバランスを使っただけで大幅に色調補正ができ、かつ自然に仕上げることができます。 また、特定の色域だけを選択的に補正するような機能がいくつもあります。