公共料金や通販などの請求書をコンビニまでいって支払うのは、意外と面倒なときがあります。手持ちの現金が少なければatmから引き落とす手間がかかり、家事や仕事で忙しいとコンビニに行くのも面倒になってしまいます。そんなときに便利なのが「line pay(ラインペイ)請求書支払い」です。 LINE Pay カードは、国内外のJCB加盟店 約3,300万店舗(※)で利用できます。 ※2017年3月末時点 LINEPayで毎月開催されるPayトクキャンペーン。支払金額の20%が還元されるなど、知らなきゃ損な内容ばかり。LINEPayを愛用している私が、Payトクの参加方法や対象店舗、注意点まで丁寧に解説します。この記事さえ読めば、Payトクについてはばっちりです。 LINE Pay株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役CEO:高 永受)は、モバイル送金・決済サービス「LINE Pay」の「請求書支払い」機能において、支払える請求書の発行団体数が、1,000団体を突破しましたので、お知らせいたします。 LINE Pay カードが使えるお店. line pay(ラインペイ)はlineの決済サービス。買い物の支払いや、lineユーザー同士での送金・割り勘ができて便利。さらに「20%還元のキャンペーン」など、ただ使うだけじゃなく、使うことでお得に欲しいものが買えることが魅力になっています。 今回はそんなline payについて。 LINE Pay株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長CEO:長福 久弘)は、モバイル送金・決済サービス「LINE Pay」の「請求書支払い」機能が、2020年6月1日(月)0時より東京都税の納付に対応開始しますので、お知らせいたします。 本記事では、LINE Payを使って公共料金を支払う方法、使える請求書、ポイント還元について解説します。「LINE Payで公共料金を支払いたいと思っていた…」「LINE Payで利用可能な請求書やポイント還元についても知っておきたい…」といった方は、是非参考にしてみてください!